クリーニング東京の評判は良い?サービスと口コミで使いやすさを分析!

東京と埼玉で店舗を展開しているクリーニング東京ですが、実は宅配クリーニングのサービスも提供しています。
サービスの内容や料金、利便性など、口コミで聞かれる評判と併せてご紹介しました。

クリーニング東京のサービスの魅力は?

料金が明確なパック制クリーニング

クリーニング東京は、東京都・埼玉県で約70店舗展開している矢島商会が提供するサービスです。

昭和40年の創業からクリーニング品質に特にこだわりを持っており、お客様の満足だけを追求しています。

宅配クリーニングでは7点から利用できるパック制を採用しており、よりお得にサービスを使うことが可能です。

保管つきサービスも提供

仕上がり後に即納するスピードパックや、高級衣類に適したデラックスパックに加え、保管付きクリーニングも実施しています。

夏物は最長9カ月間、冬物は最長11カ月間もの長い保管期間で、クローゼットの圧迫が気になる方時や、引越しなどのタイミングで重宝します。

保管の有無は必要に応じて選択できるので、普段使いと衣替えシーズンとで分けて選ぶことも可能です。

ドライも水洗いもこだわり

ドライクリーニングでは、時間と手間のかかる立体静止乾燥を行うことで、生地のダメージを軽減しています。

また、ウェットクリーニングにはオゾン水を使っており、脱臭やウィルス除去効果をもたらすので、よりスッキリと綺麗に仕上がるのが特徴です。

高級な生地やデリケート素材も丁寧に扱ってくれるので、どの様な洋服でも安心して依頼できます。

無料オプションが多数付属

クリーニングのすべてのコースに抗菌加工、防カビ加工、帯電防止加工が無料でついており、仕上がり後もより安心して着用・保管することが可能です。

しかもシミ抜き、毛玉取り、毛取りまでついており、洗浄以外の面でも品質にこだわっている事が分かります。

デラックスパックの場合、さらにトリートメント加工と職人の手仕上げが付属し、保管に適した不織布包装で届くという充実のサービスです。

上記のほかにも、5種類の有料加工オプションを用意しているので、自分好みの仕上がりをより追求することができます。

クリーニング工場直営の高い技術力

クリーニング東京は店舗も構えていますが、宅配クリーニングは自社工場が直営しているサービスです。

衣類の状態をクリーニングのプロが見極めて、洗浄から乾燥まで最適な工程で扱ってくれるという点も魅力と言えるでしょう。

各所のスタッフは定期的に技術講習を受けており、常に高いクリーニング技術を提供できるよう努めています。

好みの仕上がりを指示できる

宅配クリーニングは、窓口スタッフとのやり取りがない分、細かな指示を伝えづらいという弱みがありました。

この点、クリーニング東京では「指示シール」を取り入れることで、顧客の仕上げの希望やシミ・傷の位置を正しく把握することができます。

指示シール以外で伝えたいことも、洋服と一緒にメモを同梱して連絡すれば、可能な限り対応してもらえるので安心です。

クリーニング東京の公式サイト

デメリットに感じる点はどこ?

スピードパックの納期がさほど早くない

仕上がった洋服を即納してもらえる「スピードパック」は、輸送期間も合わせ、最短6日後返却となっています。

工程自体に約4日かかる事となっていますが、スピーディーな対応ができる宅配クリーニング店が増えている今、この納期は決して早いとは言えないのが正直なところです。

クリーニングの丁寧さは感じられる一方、できるだけ早く返してほしいという需要には対応しきれていないのは残念でしょう。

専用バッグのサイズがとても小さい

クリーニング東京を初めて使う場合、ヤマト運輸のドライバーが集荷の際にダンボールを無料で届けてくれますが、30Lしか入らない箱(クロネコボックス10)なので注意が必要です。

2回目以降は専用バッグがあるものの、こちらも34Lと内容量が少ないものなので、ダウンやコートなどかさばる衣類が多い冬物は入りきらない恐れがあります。

クリーニング東京は、専用バッグの利用で300円OFFというリピーター用特典が設けられていることから、内容量を増やす事はできないと考えて良いでしょう。

詰め放題の宅配クリーニングならココ!安くて評判の良いお店を紹介」で紹介していますが、他の宅配クリーニングがどんなに小さくても40L以上入るバッグを使っている事を考えると、パック制のサービスにしては少々不安が感じられます。

※保管付きサービスだけは15点までの大容量サービスがあるので、専用バッグが86Lの大型サイズになっています。

当日集荷の対応時間が短い

クリーニング東京では、最短で申し込みの当日中に集荷をしてもらえるので、すぐクリーニングに出したい方や、シミがついて困っている洋服も急いで対応してもらえます。

ただし、当日集荷の対応期限が14時までとやや早いので、すぐ依頼したい時は申し込みのタイミングに注意しましょう。

なお、長期休業以外は年中無休で営業しているので、当日集荷に間に合わなかった場合も翌日に集荷を依頼することが可能です。

クリーニング東京の公式サイト

クリーニング東京の利用料金を紹介!

コース料金

  コース料金 衣類1点あたりの価格
スピードパック7点 7,280円 1,040円
スピードパック10点 8,800円 880円
デラックスパック7点 10,920円 1,560円
デラックスパック10点 13,200円 1,320円
保管パック7点 8,980円 1,283円
保管パック10点 10,980円 1,098円
保管パック15点 13,980円 932円
保管パックDX7点 13,740円 1,963円
保管パックDX 10点 16,470円 1,647円
保管パックDX 15点 20,970円 1,398円

※価格表記は全て税抜きです。

オプション料金

オプション 価格 備考
しみ抜き 無料 料金内に含まれています
毛玉取り
毛取り
ボタンつけ
(欠損・割れ部分)
抗菌加工
防カビ加工
帯電防止加工
トリートメント加工 無料
(デラックスパックのみ)
撥水・撥油・防汚加工 7点2,800円
10点4,000円
15点6,000円
水や油を弾き、衣類の繊維を汚れから守ります。
防虫加工 7点2,800円
10点4,000円
15点6,000円
保管中の衣類の虫食いを防止します。
Wウォッシュ+プラス 7点2,800円
10点4,000円
15点6,000円
W洗浄で水溶性の汚れ、油汚れのどちらもしっかり落とします。
ニオイブロック
(防臭加工)
7点2,800円
10点4,000円
15点6,000円
銀イオンを使用し、ニオイ物質の付着を防ぎます。
プレミアム加工 7点7,000円
10点10,000円
15点15,000円
「トリートメント加工」「防虫加工」「Wウォッシュ+プラス」「ニオイブロック」のセットです。

クリーニング代以外の料金・サービス

会費 無料
送料 往復無料
送料
(北海道・沖縄・離島)
3,000円
集荷 14時までの申し込みで最短当日
お届け日数 最短6日後
支払い方法 クレジットカード、代引き
コンビニ発送 リピーターのみ対応
クリーニング不可品 皮革製品、毛皮製品(一部は可)、ドレス、帽子など
保管サービス 最大11か月保管/有料
特典 なし
リピーターサービス 専用バッグ利用で300円(保管つきは700円)OFF
クリーニング東京の公式サイト

利用者口コミで分かったクリーニング東京の評判

料金についての口コミ・意見

1着あたり1,000円を切るスピードパックは、比較的普段使いしやすい料金設定だと思います。

値段が割と使いやすい範囲ですが、さらに往復の送料が無料なので、余計な出費がなくて良かったです。

超激安という訳ではないが仕上がりが良かったのでコストパフォーマンスが高いと感じた。

コート類を出しましたが、1年近い保管サービスがあったので整理の手間がかからず、便利でした。

普段の店舗より少々高いかな?と思いましたが、許容できる範囲の価格帯かなと思いました。

サービスについての口コミ・意見

当日中に集荷をしてくれるのは有難いが、もう少し対応時間が長いと使いやすいです。

仕上がった洋服が少し油っぽいニオイがしました。溶剤の品質なんだと思いますが改善してほしいです。

料金が明確で分かりやすく、初めて使いましたが注文しやすいと感じました。

パックタイプのクリーニングは良いですが、もっと少ない点数でも依頼できるようにしてもらえると使いやすいです。

クリーニング店を長年やっているので宅配でも安心して依頼できる。仕上がりに不満はなかった。

お届け日を指定していたのですが、希望日通りに届かなかったです。連絡はありましたが残念に感じました。

価格も品質も標準レベルのクリーニング

利用した方から寄せられた口コミを見てみたところ、クリーニング東京に対する大きな不満やクレームのような内容はありませんでした。

一方で、料金や仕上がり品質に対する大きなプラス評価も聞かれておらず、可もなく不可もない印象と言えます。

値段の安さ、利便性、クオリティの高さ、どれも突出して優れている訳ではないので、標準的な範囲を脱しません。

強いて言えば、クリーニング東京は長期休業以外は休みなく稼働しているので、休業日をまたいだ納期の遅れが生じないという点はメリットと言えます。

決して悪いサービスではないのですが、消費者目線で考えると選択肢に挙がりづらく、他のクリーニング店の方が使いやすさを感じてしまうでしょう。

クリーニング東京の公式サイト
関連情報をチェック

PAGE TOP