カシミヤの正しい洗濯方法は?クリーニングの方が良いアイテムも紹介

高級アイテムからお手頃な価格帯まで、様々な洋服・小物に使われているカシミヤについて、長持ちする洗濯方法とホームケアをご紹介します。
また、家庭での洗濯を避けた方が良いカシミヤイテムや、丁寧に仕上がるおすすめクリーニング店も調査しました。

カシミヤ素材を自宅で洗う!洗濯方法とコツは?

カシミヤは水洗いしても大丈夫なの?

カシミヤは山羊から採取される動物性の繊維で、柔軟性や保湿・保温力の高さから冬物の衣類によく使われます。

生地の中でも高価なカシミヤは水洗いできないと思っている方も多いのですが、実は家庭で洗濯することが可能です。

デリケートな素材なので、綿や化学繊維に比べるとヨレや縮みが起こりやすいものの、正しい洗濯の方法を守れば自宅でもキレイに仕上がります。

また、カシミヤは適度に水洗いすることでより柔らかくなり、風合いが出てくるのも生地の特徴です。

家庭で洗濯できれば、都度クリーニングに出すよりもコストも抑えられますので、失敗を恐れずに1度カシミヤの洗濯にチャレンジしてみましょう。

洗濯の前に要チェック!自宅で洗濯できないカシミヤ製品

家庭でカシミヤの衣類や小物を洗う前に、必ず洗濯表示をチェックして、水洗いに対応している事を確認しましょう。

洗濯表示で水洗いできないと書かれている場合、カシミヤだからという理由だけでなく、縫製や加工などの事情によって水洗いできない場合があります。

カシミヤ自体は水洗いできても、その他の部分で耐水性が弱いと型崩れやほつれなどの洗濯事故を起こしてしまう危険性があるので、必ず表示は守りましょう。

また、コートのような大きな洋服や高価なアイテムの場合も、自宅での洗濯は避けた方が賢明です。

失敗しないカシミヤの洗濯方法とは?

まずは、常温またはぬるま湯を洗濯桶に張り、ウール素材に対応しているおしゃれ着用洗剤や専用洗剤をしっかり溶かして泡立て、洗浄液を作ります。

カシミヤはタンパク質でできているので、適当な洗剤がない時はご自身のシャンプーを利用しても構いません。

洗いたいカシミヤの衣類を洗浄液の中に浸けたら、軽く優しく押し洗いをして、短時間で洗うようにしましょう。

この際、必ず1枚ずつ洗濯を行うようにして、摩擦による毛羽立ちや毛玉を防ぐことが大切です。

洗濯ネットに入れれば、洗濯機の「手洗いコース」「おうちクリーニングコース」なども使えますが、生地へのダメージを考えると手洗いの方が良いでしょう。

1~2回すすぎをして洗剤を落としたら、最後のすすぎでは柔軟剤やリンスを加えて、必ず油分を補給してください。

脱水をする時は、手で絞ったりタオルで吸水すると摩擦が起こりやすいため、ネットに入れて洗濯機の脱水モードで1~2分回します。

最後に1番重要なポイントとなる乾燥ですが、乾燥機は絶対に使用せず、風通しの良い日陰で自然乾燥させましょう。

形とサイズを整えてから網やバスタオル等の上に平らに干し、ハンガーは使わないのがコツです。

洗濯できるカシミヤも、定期的にクリーニングに出してケアを

自宅で洗えない(洗わない方が良い)カシミヤ製品はもちろんのこと、自宅で洗濯ができる洋服も、着用シーズンの最後にはクリーニングへ出すのがベストです。

水洗いの洗濯方法は、油分が含まれていない水溶性の汚れには強い一方、皮脂や食べ物、化粧品といった油性の汚れ落ちはイマイチという難点があります。

カシミヤのような動物性繊維は、ただでさえ保管中の虫食いが起こりやすいデリケートな素材ですから、汚れが残っているとますます生地の消耗を早めてしまいます。

着用した都度クリーニングをする必要はありませんが、長期保管する前や油性の汚れが気になる時は、お店に依頼してきちんとケアを行いましょう。

カシミヤをクリーニングするならどんなお店が良い?

一般店と高級店を使い分けて

カシミヤ素材は普及率の高い素材なので、基本的にどこのクリーニング店でもお任せすることが可能です。

ただし、クリーニング店は普段使いしやすい料金の「一般店」と、価格は高めながらより丁寧な対応をしている「高級店」の2種類があるため、使い分けることが肝心です。

普段着として愛用しているカシミヤ衣類や、購入価格が高くない洋服であれば、一般店でも十分でしょう。

1着数万円ほどする高価なカシミヤ製品、ブランド品、長く大切に着用したい洋服の場合は、高級店へ依頼した方が安心です。

カシミヤに追加料金がかかるか確認

特に一般店のクリーニングの場合、カシミヤのようなデリケート素材を請け負う場合は、追加料金がかかる事があります。

料金表に書かれている表示に加え、1着あたり200~300円ほど加算されることが多くなっています。

ただし、この加算の有無や料金はクリーニング店によって異なりますので、依頼する前に規約を確認しておきましょう。

また、素材別の加算は衣類ごとに個別に料金が設定されているお店に多く、パック制のクリーニング店なら一律料金で対応してもらえます。

クリーニングのコストを抑えたいという方は、この追加料金もきちんと加味した上で店舗を比較するようにしてください。

保管サービスがついているとより安心

カシミヤ素材は冬物アイテムに使われている事が多いため、シーズンが終わった後にクリーニングした場合は、翌シーズンまで収納が必要になります。

動物性繊維でできているカシミヤのような素材は、虫食いや変質が起こりやすく、自宅での保管が意外と大変です。

宅配クリーニングの中には、衣類に適した環境で長期間保管してくれるサービスがあるので、不安な方は保管つきクリーニングを利用するのも良いでしょう。

冬物衣類の収納場所を気にする必要がないため、クローゼットのスペースが空き、スッキリと片づけられるのも保管サービスの魅力です。

カシミヤ衣類が安心して任せられる一般クリーニング店

リネット

宅配クリーニングの中でも、特にサービス力の高さと利便性で定評のあるお店がリネットです。

1着ずつ依頼ができる単品制のクリーニング店なので、必要な洋服だけを必要な時に出せるのが便利です。

料金の確定は衣類の検品後になりますが、サイト上には料金シミュレーターも設置されており、事前に料金を把握することができるので安心です。

最短2日後お届け、3,000円以上で送料無料など使いやすいサービスが多いですが、有料会員限定のサービスとなっています。

初めて利用する方であれば、会費が2カ月間無料になるキャンペーンを実しているので、気軽にお試し利用が行えます。

セーター 590円
カーディガン 780円
コート 1,900円
マフラー 700円
ショール・ストール 1,030円
カシミヤ追加料金 +200円
保管つきサービス 有料(最大8カ月間)
リネットの詳細を見る リネットの保管付きサービスはこちら

ネクシー

一般クリーニング店の価格帯でありながら、洗浄から仕上げまでワンランク上の対応を行ってもらえるお店です。

着物のシミ抜き技術が無料で行えるうえ、ほつれ、破れ、ボタンのゆるみといった簡易補修や、毛・毛玉取りも料金内で実施してもらえます。

単品制で1着ずつ申し込めますが、さらに有料会員に登録すれば割引価格で利用することが可能です。

宅配クリーニングなので全国どこからでも利用できますが、お届け日や送料無料条件が地域によって異なるため、お住まいの規定を確認してから利用しましょう。

セーター 560~660円
カーディガン 560~660円
コート 1,700円~2,000円
マフラー 510~600円
ショール・ストール 660~780円
カシミヤ追加料金 +270円
保管つきサービス 有料(最大7カ月間)
ネクシーの詳細を見る ネクシーの保管付きサービスはこちら

リコーベ

宅配クリーニングの中ではかなり珍しく、衣類用コース全6種類が同一料金で利用できるお店です。

最短2日で届くお急ぎ対応も、最大9カ月間も預けられる保管つきも、金額は一切変わらないので選びやすく便利に使えます。

長年クリーニングに従事する職人たちが集う兵庫県のクリーニング店なので、カシミヤの衣類・小物も安心してお任せできます。

パック制を採用しているクリーニング店なので、冬物アイテムもお得に依頼でき、デリケート素材の追加料金もかかりません。

職人の人数によって受注数が限定されているので、衣替えシーズンなどは早めに申し込みをしましょう。

10点パック 1,200円
15点パック 1,133円
カシミヤ追加料金 無料
保管つきサービス 無料(最大9カ月間)
リコーベの詳細を見る

高価なカシミヤや大切な服におすすめの高級クリーニング店

プラスキューブ

紳士服デザイナーをしていた代表がアパレル時代の経験を活かし、デザイン性を損ねない美しい仕上がりを実現するクリーニング店です。

綺麗な溶剤を使用した顧客単位・個別単位での洗浄、静止乾燥、立体感のある手仕上げなど、こだわりの工程で丁寧に作業を行います。

コースには抗菌・消臭・帯電防止加工が無料でついており、追加でオプションを頼まなくてもより良い状態で届けてもらうことができます。

また、高級クリーニングでありながらもパック制を採用しており、コストパフォーマンスに優れているのも魅力です。

通常は畳んだ状態での発送となりますが、有料オプションを利用すればハンガーボックスでのお届けも対応可能です。

キューブセレクト 1着1,300円~
キューブプレミアム 1着1,900円~
カシミヤ追加料金 無料
保管つきサービス 1着200円(最大8カ月間)
プラスキューブの詳細を見る

キレイナ

高級クリーニング店の中でも珍しいウェットクリーニングの専門店で、どのような素材でも水洗いを行ってもらえます。

1着ずつのオーダークリーニングで、綺麗さだけでなく風合いも蘇り、洋服のメンテナンスを行いたい方にピッタリです。

洗浄の優れた技術もさることながら洋服の復元技術も高く、シミ、黄ばみ、破れ、色移りなど様々なトラブルにも対応できます。

キレイナは、婚礼衣装や舞台衣装などを長年行ってきた会社が運営しているため、高価なブランド品やより丁寧な対応をしてほしい洋服でも、安心してお任せできるでしょう。

送料無料の条件が他のクリーニング店よりも厳しめなのは、少々使いづらさを感じる点です。

セーター 2,800円
カーディガン 2,800円
コート 6,000円
マフラー 2,000円
ショール・ストール 2,800円
カシミヤ追加料金 無料
保管つきサービス なし
キレイナの詳細を見る

プロケア

高級店としては比較的お手頃な価格でありながら、上質なクリーニングを行ってもらうことができるお店です。

繊維1本1本にまで気を配るレベルの高さは、これまでのクリーニング店に不満を持つ方からも好評です。

少し割高にはなるものの、5点からの少量パックがあるので、少しだけ依頼したいというご家庭も使いやすいでしょう。

送料は往復とも無料で、しかも長期保管も追加料金がかからないので、余計な費用がかからないのは嬉しいところです。

新規のご注文は30%OFFの価格で利用できるので、お得にプロケアのクオリティーを試すことができます。

5点パック スタンダード:1着1,796円
プロケア:1着1,996円
10点パック スタンダード:1,198円
プロケア:1,498円
15点パック スタンダード:1着1,132円
プロケア:1着1,465円
カシミヤ追加料金 無料
保管つきサービス 無料(最大8カ月間)
プロケアの詳細を見る
関連情報をチェック

PAGE TOP