スーツクリーニングの正しい出し方|頻度や時間、値段相場はどのくらい?

ビジネススーツやリクルートスーツは、頻繁に着用する人も多いですが、どのくらいの頻度でクリーニングするのがベストなのか調査を実施しました。
所要日数や値段、おすすめ店などのクリーニング情報に加え、知っておきたいスーツのお手入れも紹介します。

出しすぎてない?スーツのベストなクリーニング頻度

スーツのクリーニングは2週間~1シーズンに1回

スーツはあまり洗いすぎてしまうと、生地や縫製の消耗を早めてしまうため、基本的には1シーズンに1回クリーニングに出します。

もちろん、汚れがついてしまったりシミ、ニオイが気になる場合は、その都度出して綺麗にする必要があります。

特に、汗をかきやすい夏に着用するスーツは、冬物に比べると汚れの付着が多いので、最低でも2週間に1回はクリーニングに出しましょう。

礼服スーツのクリーニングは着用ごと!

ただし、スーツの中でもフォーマルウェアにあたる礼服は、ビジネススーツのように着用機会が少ないため、着用後はすぐにクリーニングに出します。

ここぞという機会に着用するものだからこそ、汚れやニオイは早めに取り除き、長い年数着用できるようにする事が大切です。

また、礼服スーツとビジネススーツは、クリーニングの料金やお店の選び方が異なるため、「礼服をクリーニングに出す頻度は?料金はいくらが相場なの?」を参考にしてみてください。

汗をよくかく場合は頻度を上げても良いの?

営業職で汗をかく頻度が高かったり、汗っかきの人は、夏以外でもスーツの汚れが気になるものです。

スーツをクリーニングに出す頻度の基準として、汗をかく量は重要な要素となるため、汗をかきやすい方は少し頻度を多くした方が良いでしょう。

スーツの下にはインナーやワイシャツも着用していますが、汗をかけばかくほど成分が浸透やすくなりますから、早めのお手入れが肝心です。

ただし、冬物のスーツはドライクリーニングによってダメージを受けやすく、風合いを損ねてしまう可能性もあります。

汗をたくさんかく人も、汚れやニオイが気にならなければ冬は2週間に1度、夏は1週間に1度を目安に、クリーニングを利用しましょう。

スーツの上下はセットで出すと良い!

スーツをクリーニングに出す際、「ズボンが汚れたから、先に洗ってもらいたい」「飲み物をこぼしてしまったから、ジャケットだけクリーニングしたい」という声があります。

1点ずつクリーニングに出した方が経済的ですし、別々に出したいという気持ちも分かりますが、実は上下セットで出すのが一番です。

クリーニングの洗浄・乾燥の過程では、多少なりとも生地に負担がかかるため、風合いや色味が少しずつ変化しています。

そのため、一方だけをクリーニングに出してしまうと、上下の仕上がりが揃わずアンバランスになってしまう恐れがあるのです。

これはスーツだけでなく、ジャケットがセットのワンピースなどでも同じ事が言えますし、3点セットのスーツも基本は同じタイミングでクリーニングが必要です。

スーツは自宅で洗濯したらダメ?

ウォッシャブルタイプのスーツであれば、わざわざクリーニングを使わなくても自宅で洗濯ができます。

洗濯表示を確認し、クリーニングマークがついている場合は、ウェットクリーニングであっても自宅での洗濯は行えません。

自己判断で行ってしまった場合、型崩れやテカリなどが生じる危険性があり、最悪の場合は着用できなくなってしまう事もありますので、必ずクリーニング店にお任せしましょう。

クリーニングにかかる時間・所要日数はどれくらい?

店舗のお店なら3日~1週間で仕上がる

町中にある店舗型のクリーニングに依頼した場合、スーツの仕上がりは通常3営業日前後というのが一般的です。

また、シミ抜きなどの特殊な過程や、オプション加工をつけた時、ウェットクリーニングで対応するスーツは、内容によって1週間ほど時間がかかる場合もあります。

スーツがなくて慌ててしまわないよう、余裕を持った着数を用意して着まわす様に心がけましょう。

即日仕上げや特急仕上げはアリ?

お店によっては、スーツでも1~2日で仕上がるオプションサービスを設けているので、どうしても急いでいる場合は利用するのも1つの手です。

ただし、利用時はスーツを午前中に出さなければなりませんが、店舗ごとに受付時間がことなるため、基本は開店直後に持って行ってください。

また、対応できるのはドライクリーニングのみとなり、普段通りの作業時間がかけられないため、生地への負担や仕上がりはあまり期待しない方が良いでしょう。

宅配クリーニングは1週間ほど

店舗ではなく宅配型のクリーニングを利用する場合は、宅配便の輸送時間がかかるため、おおむね1週間前後かかるのが一般的です。

お急ぎ仕上げなどのサービスを設けているお店も中にはありますが、多くはありませんので利用店の公式サイトを確認するか、問い合わせてみましょう。

ただし、高級素材を使っている場合や高級ブランドのスーツは、急ぎに対応していない事もあるので注意が必要です。

スーツクリーニングは料金が高い?値段相場を一斉調査

ドライクリーニングの値段相場

水を使わないドライクリーニングは、スーツ洗濯の一般的な方法です。

店舗に依頼した場合は、上下セットで1,000~1,500円ほどが相場の料金になりますが、宅配クリーニングは上下で1,500~2,000円ほどかかります。

宅配だと少し高いように思いますが、店舗では有料となるシミ抜き料金や加工料金が含まれている事がほとんどなので、サービス内容をよく確認することが大切です。

ウェットクリーニングの料金相場

家庭のような水洗いではなく、プロが行う水洗いをウェットクリーニングと言います。

ドライクリーニングに比べて水溶性の汚れに強いため、汗抜きや水溶性の汚れを取り除く際に、より効果的に洗える方法です。

ただし、ドライクリーニングに比べて高い技術力が必要になるため、相場はドライクリーニングの値段+500~1,000円ほどになります。

宅配クリーニング店でスーツの値段を比較!

今回は当サイトの人気宅配クリーニング店のうち、最も安くスーツが依頼できるのはどこなのか、調査を行ってみました。

料金の比較は、上下セットのドライクリーニングの最安値料金で、ビジネススーツを対象にするため、保管サービスが付帯する店舗は外して考えています。

すると、パック制を採用している宅配クリーニング店では「せんたく便」、単品制のお店では「ネクシー」が最安値という結果になりました。

この2店舗は宅配サービスでありながら、スーツクリーニングの相場の値段内で利用できるため、かなりお手頃価格です。

私が実際に利用した際は、せんたく便もネクシーも仕上がりや対応に気になる問題はありませんでしたので、どちらも安心して利用できると思います。

ただし、高級なブランドや高いスーツは少々安心感に欠けるので、宅配クリーニングの中でも高級品をメインに扱う「プラスキューブ」や「ピュアクリーニングプレミアム」の方が良さそうです。

安いのはどこ!?宅配クリーニング店のスーツ価格一覧

利用方法 店舗 上下の料金
パック リナビス 1,880円~
せんたく便 1,396円~
プラスキューブ 2,600円~
単品 リネット 1,610円~
ネクシー 1,370円~
ピュアクリーニングプレミアム 2,550円~

スーツを出すのにベストな宅配クリーニング店4選

パック制の一般スーツ用「せんたく便」

最速パックを利用すると、スーツ上下セットが1,396円からというお手頃価格で利用できます。

クリーニング店として約60年の実績を持ち、長きに渡って多くの人に利用されてきたため、安心して利用できるお店です。

せんたく便の利用体験では、仕上がりがほぼパーフェクトなうえに利便性も高く、ほとんど問題点が見つかりませんでした。

強いて言えば、初回よりもリピーターの方が安く利用できる値段設定になっているため、初めて使う時は1パックあたり300円ほど高くなってしまう事が、少々気になるくらいでしょう。

せんたく便のお届けは、洋服を折りたたまずに梱包できる大きなサイズのダンボールなので、スーツに折りジワなどが発生する恐れもありません。

せんたく便のサービス

点数制限
5点、10点(最速パックの場合)
料金設定
パック料金+オプション
お届け日数
最短5営業日
送料
無料(一部地域を除く)
集荷
14時までの申し込みで当日集荷可能
(初回は発送用ダンボール無料提供)
無料サービス
シミ抜き、毛玉取り、ボタン付け
保管サービス
有料(最長11か月・パック制)
リピーターサービス
専用バッグ利用で300~700円OFF
せんたく便の詳細を見る

パック制の高級スーツ用「プラスキューブ」

アパレル業界に精通した代表が立ち上げた宅配クリーニング店で、仕上がりの良さはかなり上級です。

溶剤の管理や洗い方、乾燥方法まで徹底的にこだわり、高級なスーツでも安心して依頼することができます。

少々値段が上がりますが、ドライクリーニングのだけでなく水洗いのサービスも行っていますので、水溶性の汚れもしっかり対応可能です。

パック制なので、一緒に出す衣類も1着あたりの価格が少し高めになってしまう事を考えると、すぐ利用したい時は不便さを感じる面があるでしょう。

抗菌・消臭・帯電防止加工が料金内でついているうえ、納品時はそのまま収納できる不織布のカバーで包装されているため、利便性は高いと言えます。

プラスキューブのサービス

点数制限
5点、10点、20点(スーツ水洗いは1点から)
料金設定
パック料金のみ
お届け日数
到着から最短2~3営業日後発送
送料
無料
集荷
指定日時
無料サービス
シミ抜き
保管サービス
有料(最長8か月・パック制)
リピーターサービス
なし
プラスキューブの詳細を見る

単品制の一般スーツ用「ネクシー」

スーツのクリーニングを相場価格内で依頼でき、しかも1着ずつ衣類を追加することが可能です。

軽微な物であれば、破れ・ほつれの修理も無料で対応してくれるうえ、無料のシミ抜きも高い技術を保有しています。

洗いからプレスまで丁寧な作業が窺え、スーツだけでなく他の洋服も安心して依頼できるお店です。

しかも、利用時は申し込みから発送までの間に全5回もメールで連絡が届き、随時今の状態が把握できるので安心感があります。

地域によってお届け日数が変わりますが、1週間以上かかってしまう場所が多いため、急ぎの場合は不向きかもしれません。

ネクシーのサービス

点数制限
1点から利用可能
料金設定
衣類毎の個別価格+オプション
お届け日数
発送から6~11日後以降
送料
メンバーズ・ビジネス会員:3,000円以上で無料
通常会員:3,500円以上で無料
集荷
最短翌日
無料サービス
シミ抜き、毛玉取り、ボタン・ほつれ修理
保管サービス
有料(最大7カ月・パック制)
ネクシーの詳細を見る

単品制の高級スーツ用「ピュアクリーニングプレミアム」

高級スーツなどの衣類を1着ずつ依頼できるクリーニング店ですが、スーツだけは2ピースごとの申し込みとなります。

クリーニングの品質の高さは自信をもってオススメできるレベルで、大切にしたいスーツを安全に仕上げてもらえます。

ピュアクリーニングプレミアムのお届けはダンボール梱包ではなく、プチプチ緩衝材で包まれており、さらに衣類専用の宅配便である「飛脚ハンガー便」が使用されました。

洋服を吊るした状態で配送してもらえる専用車を使っているため、仕上がり後のベストな状態そのままに自宅へ届けられます。

品質・サービスともにハイレベルではありますが、納期に時間がかかることと、送料無料条件が厳しい点は懸念事項です。

ピュアクリーニングプレミアムのサービス

点数制限
1点から利用可能
料金設定
衣類毎の個別価格
お届け日数
到着から7~14営業日後
送料
7,000円以上で返却分無料
12,000円以上で往復分無料
集荷
利用客自身で手配
無料サービス
なし(シミ抜き等はコースに含む)
保管サービス
なし
ピュアクリーニングプレミアムの口コミを見る

スーツを出す時に注意すべきポイントを解説!

ポケットの中身がないか確認

スーツの着用中に、ポケットの中に小銭やレシート、名刺、社員証、ハンカチ、お菓子、タバコなどを入れる人が多くいます。

そのままクリーニングに出すと、中身が返却される保証はありませんので、必ずチェックするようにしましょう。

特に、ジャケットの内ポケットやズボンのお尻のポケットは、見落としがちなので注意してください。

シミや汚れ、ほつれがあれば伝えよう

自宅でスーツを点検した際、気になるシミや汚れがあれば、クリーニング店に伝えてしっかり対応してもらいましょう。

宅配クリーニングの場合でも、分かりやすく書いたメモを同梱すれば、忘れずにシミ抜き対応をしてもらえます。

また、縫製のほつれや破れ、ボタンの取れかけなどは、クリーニング中に損傷が大きくなってしまう恐れがあります。

クリーニング店の事前点検でも1着ずつ確認しますが、見落としがあるといけませんので、念のためお店に伝えた方が安心です。

クリーニング返却後も注意点があった!

仕上がり確認は、表面だけでなく内側も

クリーニングから仕上がったスーツが返却されたら、必ず不備や不具合がないかすぐに確認しましょう。

洋服の表面だけを見がちですが、内側もしっかりチェックして、不満があればお店に相談してください。

実際に私もリネットを利用した際、ジャケットのプレスがしっかり行われておらず、表面だけでなく内側にも深いシワがついていた事がありました。

宅配買取の場合、各店舗では再仕上げの制度を設けていますが日数に制限があるので、万一の事態に備えて到着後すぐ確認するよう心がけましょう。

ビニールカバーは外して保管を

高級衣類を扱うクリーニング店以外は、ほとんどの場合が仕上がった衣類にビニールがかけられています。

これはホコリの付着を防ぐためのものですが、通気性が悪いため、仕上がりチェックの際に外してしまいましょう。

ビジネススーツのように着用機会の多い衣類なら、そのままでも構いませんが、何か月もビニールのままにしておくと生地が悪くなったり、カビが生えやすくなるため注意が必要です。

もし、カバーを外した後のホコリや汚れが心配な場合は、100円ショップやネット通販でスーツ用の不織布カバーが売っていますので、こちらに掛け替えて収納してください。

また、お店によってはハンガーがスーツに合っていない場合もありますので、その時はスーツ用ハンガーにかけなおし、型崩れを防ぎましょう。

着用の間に気を付けたい!スーツのお手入れ

同じスーツを連続して着用しない

1度着用したスーツには、多少なりとも水分が含まれますので、必ず湿気を飛ばしてから次回着用します。

生地の消耗や汚れ付着の事も考えると、2~3日ほど期間を空け、3~4着のスーツをローテーションして使用するのが一番良い方法です。

急な汚れにも対応できるよう1着多めに用意しておけば、クリーニングの納期が延びても心配する必要がありません。

着用後のスーツは丁寧に畳んでハンガーにかけた後、十分なスペースのある風通しの良い場所で、1日陰干ししてから収納しましょう。

洋服がぎっちり詰まっているクローゼットに入れると、湿気が抜けにくいだけでなく、付着した汚れが他の洋服についてしまう恐れもあります。

ホコリや花粉はしっかり落とす

着用中についたホコリや花粉、PM2.5などは、スーツ用のブラシでブラッシングをしましょう。

粒子自体が生地を傷ませる恐れもあるうえ、室内に持ち込んでアレルギーなどの原因にもなってしまいます。

豚毛や馬毛のブラシを1本持っておき、玄関で払うようにするのが良いですが、ブラシがなければハンディタイプの掃除機で取り除くのも良いでしょう。

気になるシワはスチームで解消!

スーツはクリーニングの頻度が少ないため、着用回数が多いものほどシワが気になってきます。

シワはできるだけ深くなる前に、ハンガーにかけた状態でアイロンのスチーム当てると、自宅でも簡単に伸ばすことが可能です。

しかも、高温のスチームには脱臭効果もあるため、汗や体臭、タバコ、食べ物のニオイが気になった時のケアにもなります。

スーツにスチームをあてる際、アイロンがけの要領でスチームを当ててしまうと、生地の繊維がつぶれてテカリが生じる恐れがあります。

必ずスチームだけを当てるようにし、スーツの生地とアイロンが当たらないように注意してください。

関連情報をチェック

PAGE TOP