ジャケットのクリーニング料金は高い?適切な洗濯頻度と傷めないお手入れ

フォーマルな場面やビジネスシーンで活躍するジャケットは、正しいお手入れをして長持ちさせましょう。
お家でできるジャケットのメンテナンスや、クリーニングに出す頻度・料金をご紹介します。

ジャケットの正しいクリーニング頻度は?

冬物ジャケットは1シーズンに2回前後

冬に着用する厚手のジャケットは、1シーズンに2回ほどクリーニングに出せば良いと言われています。

ジャケットの下にインナーやシャツを着用するため、皮膚に直接触れる事が少なく、汗・皮脂による汚れが付きにくいためです。

また、特に冬はアウターも着用することから、外のホコリなども付きにくく、頻繁に洗わなくても比較的綺麗な状態が保てます。

また、何種類かの繊維を使って作られているジャケットの場合、汚れが落ちやすいため、1シーズンに1回ともう少し頻度を下げても構いません。

ニオイや汚れが気になったらすぐクリーニングへ

ただし、冬であっても満員電車などで汗をかく機会はありますし、食べこぼし・飲みこぼしがついてしまう機会もあるでしょう。

また、雨や雪などの天候時に着用すれば汚れが付きやすくなりますし、焼き肉やタバコ、体臭などのニオイも取り除きづらいものです。

そのため、気になる汚れやニオイがあれば、上記の頻度にこだわらず、早めにクリーニングに出しましょう。

夏物ジャケットは2週間に1回を目安に

夏はノースリーブや半そでのインナーを着用したり、インナーの生地自体が薄めに作られていることから、汗や皮脂の汚れがジャケットにつきやすくなります。

また、ジャケットもそのままで着用する機会が多い事からも、冬物に比べて早めに洗うよう心がけるのが大切です。

夏物ジャケットは2週間に1回程度のペースでクリーニングを行い、汗じみや黄ばみなどが残らないよう早めに対処しましょう。

1回しか着用しなくても、2週間後にクリーニングすべき?

夏の汗は「温熱性発汗」と呼ばれ、体温調節のために分泌されるため、冬の汗に比べて濃度が薄く、比較的ニオイが残りづらいと言われています。

しかし、塩分や脂質が全く汗に含まれない訳ではありませんので、汚れやニオイが分からないジャケットでも3~4週間に1回はクリーニングが必要です。

クリーニングの頻度を低くしすぎてしまうと、黄ばみや黒ずみが起こりやすく、シミ抜きなどで対処しきれないケースが生じてしまいます。

ジャケットを長く大切に着用するためには、袖を通したら最低でも1か月以内にクリーニングしてもらいましょう。

ジャケットのクリーニングは数日~1週間で返却

ジャケットのクリーニング方法は、水を使わない「ドライクリーニング」と「ウェットクリーニング」があります。

一般的なドライクリーニングの場合、2~3日程度でジャケットを仕上げてもらえますので、宅配クリーニングの場合でも1週間あれば受け取りが可能です。

また、デリケート素材でなければ即日対応しているお店もあり、急ぎの場合は探してみると良いでしょう。

ただし、ウェットクリーニングの場合は洗浄・乾燥の過程や仕上げにより多くの時間を要します。

仕上がりまで1週間ほどかかる事を考えると、宅配クリーニングなら10日前後はかかると考えておきましょう。

クリーニングの前に!自宅で行っておきたいジャケットのお手入れ

着用後は必ずハンガーにかけること

ジャケットを着用していると、腰回りや肘のあたりにシワがついてしまう事がありますが、ハンガーにかけて吊るしておくと少し改善することができます。

また、ジャケットを脱いだ後そのまま置いておくとシワがついてしまい、クリーニングするまで取れない事が多くあります。

この点からも、脱いだらハンガーにかける習慣をつけて、クリーニングまでの間できるだけ綺麗に着用できるよう心がけましょう。

ジャケットのブラッシングも忘れずに

一見キレイに見えるジャケットも、着用中にホコリなどが付着し、思っている以上に汚れています。

そのため、ハンガーにかけた状態で、ジャケット・洋服用のブラシでブラッシングするのがベストです。

特に、冬物ジャケットはウール素材など毛足の長い生地が多いため、汚れ・ホコリを巻き込みやすく、丁寧なブラッシングが不可欠と言えます。

何着かのジャケットをローテーション

ジャケットを着用する頻度が高い方は、同じ1着を続けて着るのではなく、何着かローテーションさせましょう。

着用する機会が多く、また間隔が短いほど生地にダメージが蓄積し、ジャケットの消耗を早めてしまいます。

基本的には、1回着用したら2~3日は休ませるようにし、その間は別のジャケットを着るようにしましょう。

お休み期間は風通しの良い場所で保管を

1度着用したジャケットは、ハンガーにかけてブラッシングをした後、風通しの良い日陰で保管してください。

扉を閉めたクローゼットなど空気が滞りやすい場所は、着用中についた汗・湿気が蒸発しにくく、生地を傷めやすくなります。

また、日向で干してしまうと生地のダメージや変色、カビの発生につながりますので、屋外や窓際で吊るさないようにしましょう。

ジャケットのクリーニング料金はいくら?市場相場をチェック

ジャケット1着1,000円前後が値段の相場

クリーニング店によって料金設定は異なりますが、安いお店で1着700~800円、高いお店では1,200~1,300円程度の値段で仕上げてもらえます。

夏場は2週間に1回程度の頻度でクリーニングが必要になるため、少し経済的な負担が大きい印象です。

家庭で洗濯できるウォッシャブルジャケットをローテーションに入れ、クリーニングが必要なジャケットとうまく使い分けると、コスト削減につながります。

料金が高いお店は「何が含まれるのか」を確認

クリーニング店によっては、ジャケット1着1,500円以上の値段がかかるお店もありますが、使ってみたいお店の料金が高かった場合はなぜ高額なのか、その理由を見てみましょう。

「料金内でワンランク上の洗い・仕上げを行っている」「高級衣類に特化したサービス」「加工も料金に含まれる」「1着ずつの丁寧な対応をしている」など、お店によって値段が高くなる要素はいろいろとあります。

確かに支払う金額は高くなりますが、普通のクリーニング店よりもお得に利用できる場合もありますので、お店の特徴は必ずおさえて比較検討するのが賢明です。

素材によってはプラス料金がかかることも

シルク、ベロア、カシミヤなどのデリケート素材や、ファーなどの動物の毛は、通常よりも丁寧なクリーニングが必要です。

そのため、お店によっては、ジャケットの生地・素材によって追加料金が発生することがあります。

お店の料金設定にもよりますが、1着あたり+200~300円ほど追加でかかるケースが多いようです。

高級なジャケットを購入した方、冬物ジャケットを出したい方は、洗濯タグを確認してお店を探すと良いでしょう。

必要に応じて加工オプションも検討

ジャケットは雨、泥、汗、食べ物・飲み物など様々な汚れに晒されやすく、思わぬシミやニオイが生じる事も少なくありません。

より大切に長く着用したいジャケットに対しては、有料にはなりますが、加工オプションを利用するのも良いでしょう。

水・油をはじく「撥水加工」や、水溶性汚れが落ちやすい「汗抜き加工」は特に重宝するオプションです。

また、アレルギーの方は「花粉ガード加工」、生地の風合いを良くしたい方は「リファイン加工」なども検討してみましょう。

ジャケットを出すならココ!宅配クリーニングの人気店

普段使いのジャケットには「リネット」

宅配クリーニング店の中でも特に有名なリネットですが、ジャケットのクリーニングにも最適です。

ジャケット1着950円という手の届きやすい相場通りの価格に加え、シミ抜き無料もついています。

さらに、月額390円の有料会員になると送料無料条件が緩和されるうえ、最短2日後お届けや保証、ダンボール無料手配などのお得サービスもついてくるため、より便利に安心して利用可能です。

リネットは1着ずつ依頼できるので、出したい洋服だけをクリーニングできるのも魅力と言えます。

リネットの詳細を見る リネットの実体験レポート

一気にまとめて依頼するなら「リコーベ」

パック制でクリーニングしているリコーベは、一律料金で依頼できるため、使い方によってはかなりお得になります。

最低10点からと少し点数が多いので、ジャケット以外の洋服もまとめて依頼したい方にオススメです。

また、翌日発送のお急ぎコース、無料保管コース、家庭洗濯品も対応するファミリーコースと、サービスも充実しています。

どれも料金が変わることはなく、同じ値段で異なるコースが選べるため、その時々にあわせて使いやすいクリーニング店です。

リコーベの詳細を見る

高級ジャケットのクリーニングは「プラスキューブ」

ハイクラスのクリーニングを専門としており、検品から発送まで一切の妥協なく、高品質なサービスを提供しています。

他の顧客と一緒に洗濯されることがなく、丁寧でやさしい洗浄・乾燥と手仕上げで、一層の風合いに整います。

どのコースにも、シミ抜きと抗菌・消臭・帯電防止加工、立体成型仕上げがついており、より綺麗な状態で届けられるのも魅力です。

1着200円プラスすることで、最長8カ月間の保管サービスも利用できるため、衣替えシーズンも便利に使えます。

プラスキューブの詳細を見る プラスキューブの実体験レポート

ウェットクリーニングにこだわるなら「キレイナ」

1着ずつの特性にあったオーダーメイドクリーニングを実施し、最小限のダメージで最大限の効果を発揮するお手入れを行うお店です。

水を使ったウェットクリーニングで全品対応し、これまで以上の綺麗さと風合い・肌触りの良さを実現します。

単価は少々高いですが、高級ブランドやインポートのジャケット、細かな装飾があしらわれている繊細な洋服に強いクリーニング店です。

レザージャケットのクリーニングにも対応できるうえ、衣類の修理・修復も請け負える、守備範囲の広さも特徴と言えます。

キレイナの詳細を見る
関連情報をチェック

PAGE TOP